平成30年度 総会の予定

日時 平成30年5月26日(土)

場所 三田ヶ谷農村センター 1階 大集会室

内容 総会及び講話(埼玉大学  金子康子教授)

平成29年度総会について

 平成29年5月13日(土)羽生市三田ヶ谷農村センターにおいて総会が開催されました。

 保存会の活動方針として、ここ数年ムジナモが順調に増殖していることから、放流箇所の見直しや会員の協力を得て、食害対策や観察会を充実させることなどを提案し了承されました。

 また、総会後、埼玉大学の金子康子教授からレッドデータブックでムジナモのカテゴ                                                                                                                              

                      リーが「野生絶滅」から「野生復帰」に         

                      なるための取り組み等について講話をい

                     ただきました。

 

国指定50周年記念展

 平成28年10月29日~11月27日まで、羽生市立図書館・郷土資料館展示室において行われます。

本部

本部は、各部の統括をしております


保存会の目的は、ムジナモの保護・増殖に関する調査・研究を推進し、文化財に対する意識の向上及びムジナモ自生地宝蔵寺沼の保全を図ることを目的としています。


上記の目的を達成するために、以下の事を行っています。

  1. ムジナモの保護に関する事項
    (栽培・増殖技術の向上、生育観察、食害対策、環境の保全等の事業)
  2. ムジナモの保護思想普及及啓発に関する事項
    ・ムジナモに関する資料の整備及び出版、配布
    ・保護思想の普及高揚を図るための講習会、展覧会等の開催
    ・全国、全県、管内の文化財や環境保護組織との交流
    ・広報誌等によるPR
  3. その他、この保存会の目的達成に必要な事項